×

三重 インフルエンザ感染拡大「警報」レベルに 

2023年11月28日 17:46
三重 インフルエンザ感染拡大「警報」レベルに 

三重県は県内でインフルエンザの感染が拡大し「警報」レベルに達したと発表しました。新型インフルエンザが流行した2009年度以来の感染拡大の早さだということです。

三重県によりますと、11月26日までの1週間に県内71の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は1医療機関あたり33.82人でした。

国立感染症研究所は30人以上を「警報」レベルとしていて、三重県では2018年度以来、約5年ぶりに「警報」レベルに達しました。

例年は年明け以降に流行のピークを迎えるということで、年内に警報レベルに達するのは、新型インフルエンザが流行した2009年度以来2度目です。

県は、こまめな手洗いや咳が出る場合はマスクを着用することなど感染対策を徹底するよう呼びかけています。