×
福井放送 福井放送
  • FBC NEWS NNN
  • 車窓や天井にVRで恐竜や街並み映像 新感覚の観光バス「WOWRIDEいこっさ福井号」 新幹線時代のエンタメ系二次交通 6月から運行開始

車窓や天井にVRで恐竜や街並み映像 新感覚の観光バス「WOWRIDEいこっさ福井号」 新幹線時代のエンタメ系二次交通 6月から運行開始

2024年2月9日 17:42
車窓や天井にVRで恐竜や街並み映像 新感覚の観光バス「WOWRIDEいこっさ福井号」 新幹線時代のエンタメ系二次交通 6月から運行開始

車窓や天井にバーチャル映像が満載の新感覚の観光バス「WOW RIDE」は6月に運行を開始し、移動中も楽しめる新幹線時代の二次交通として期待が高まります。(2月9日)


9日に福井市内でお披露目された新感覚XRバス「WOWRIDEいこっさ福井号」のボディには、ソースカツ丼を食べる恐竜やあわら温泉など、県内の観光アイテムの可愛いイラストがラッピングされています。

■リポート・川島秀成キャスター
「バスの側面も非常にカラフルなWOWRIDEいこっさ福井号。中はどうなってるのでしょうかすごい全面窓の部分が画面になっているんですね」

車窓や天井のモニターには仮想現実「VR」で 恐竜や四季折々の県内の風景などをストーリー仕立てで映し出し、移動中に「非日常」の空間が楽しめます。

■リポート・川島秀成キャスター
「外の映像が映りました。バスが止まっている場所なんですけど 、このように画面には外の映像が映ったり元々準備している映像が映ったり、それらを組み合わせながら移動を楽しめる」

この新感覚バスは3月1日からチケットを発売し、6月1日から福井駅を拠点として恐竜博物館や福井市の朝倉氏遺跡それにあわら温泉の3つのエリアを結びます。