×
  • 中テレNEWS NNN
  • 【放射性物質を含む水がしみ込んだ土壌 約27立方メートル回収】福島第一原発

【放射性物質を含む水がしみ込んだ土壌 約27立方メートル回収】福島第一原発

2024年2月13日 19:10

2月7日、福島第一原発で汚染水を浄化する装置の排気口から放射性物質を含む水が漏えいした問題で、東京電力は周辺の土壌27立方メートルほどを回収しました。

漏れたのは最大で220億ベクレル5.5トンと試算され、東京電力は9日から重機で水がしみ込んだとみられる周辺の土壌の回収を進めています。

2月13日までにフレコンバック27袋分にあたる27立方メートルほどの土壌を回収していて、漏えいの影響がないことが確認されるまで作業を続けるとしています。

LINEニュース

中テレアプリ

Chu!PRESS