×

【南会津町強盗致傷事件】福島県警担当記者が解説

2024年5月16日 19:11
【南会津町強盗致傷事件】福島県警担当記者が解説

栃木県で起きた強盗事件に関与しているとみられるベトナム国籍の男が15日夜、容疑で逮捕されました。福島県警は、今回逮捕されたベトナム国籍の男らと南会津町で起きた強盗致傷事件の関連を調べていて、捜査関係者は「幅広く証拠を積み重ねて、精査していく」と話しています。

これまでの捜査で、栃木・長野・群馬県警の合同捜査班はホアン容疑者らが使っていた車を押収しています。県警は、ホアン容疑者らが南会津町の事件にも関与している可能性があるとみて、押収された車が映っていないかなどを含め、複数の防犯カメラの映像をつなぎ合わせるリレー捜査を進めています。

また、南会津町の現場周辺の鑑識作業はきのう終了していて、室内に残されていた土足の跡などの鑑識資料について3県の合同捜査班と共有する方針です。

福島県警は、他にもメンバーがいる集団的犯行の可能性も視野に、事件の経緯を詳しく調べています。