×

【線路のオイルふき取りに時間がかかり 東北新幹線の再開に時間を要す】JR東日本

2024年4月3日 19:12
【線路のオイルふき取りに時間がかかり 東北新幹線の再開に時間を要す】JR東日本
4月2日の東北新幹線のトラブルは保守車両のエンジンオイル漏れが原因でした。

2日の午前5時ごろ、線路の異常を調べる保守車両が福島駅から白石蔵王駅に向けて走行中に油圧低下アラームが鳴り、20リットルほどのエンジンオイルが漏れ出ていました。
JR東日本はこの原因がわかるまで同じ型の保守車両の使用を中止します。

職員など約70人が手で線路16・5キロのオイルのふき取りなどを行ったため、運転再開まで時間がかかり、東北新幹線(東京~仙台)は20本に最大5時間半の遅れが出たほか、76本が運休し約4万3500人の利用客に影響がでました。

保守車両は2022年製で3月の年次検査や、前日の点検で異常はなかったということです。