×

保護猫と気軽に触れ合うことができる開放型のシェルターがプレオープン【徳島】

2024年3月22日 18:11
保護猫と気軽に触れ合うことができる開放型のシェルターがプレオープン【徳島】
徳島市の動物愛護団体が、過酷な環境で暮らすを減らそうと新しい保護猫施設を作りました。

4月のグランドオープンを前に22日、関係者に対して行われたプレオープンを豊成春子アナウンサーが取材しました。

(豊成春子アナウンサー)
「きょう保護猫と気軽に触れ合うことができる開放型のシェルターがプレオープンしました!猫がいっぱいいます!」

「NPO法人あわねこ保育園」は、過酷な環境で暮らす猫を1匹でも減らすために保護活動や里親募集を行っている団体です。

保護猫の譲渡率を向上させることなどを目的に、誰でも気軽に立ちよれるこの施設を作りました。

(NPO法人あわねこ保育園 井上智美 園長)
「開放型にしています。いつでも好きな時間に保護猫に会いに来られるような形にしています」


いよいよ施設の中へ!



(豊成春子アナウンサー)
「猫ちゃんがお出迎えしてくれました!人懐っこい!」

施設の中には現在、約60匹の猫が保護されています。

開園中はスタッフが常駐し、ゆっくり猫と交流ができるため、里親探しにつながる可能性が高まります。

(NPO法人あわねこ保育園 井上智美 園長)
「里親さんになりたい方だけではなく、猫好きの方に立ち寄って頂いて、猫と触れ合ってコミュニティの場として利用していただければと思います」

猫と触れ合えるスペース以外にもフリースペースなどがあり、猫グッズの販売なども行われています。


団体が5年後の目標に掲げていることは…。



(NPO法人あわねこ保育園 井上智美 園長)
「近い将来、殺処分ゼロを目指していきたいと思っています」

この施設のグランドオープンは4月3日です。

みなさんも猫と触れ合って癒しの時間を過ごしてみてはいかかでしょうか?


■シェルターの入場料は以下の通り
 ・ 15分  400円
 ・ 30分  800円
 ・ 60分 1200円
 ・120分 1800円

また、猫スペースでは靴下を着用したり、写真撮影の際はフラッシュをオフにしたりと、注意点があるので利用する際はマナーを守って猫と触れ合いましょう。

ニュース

ニュース

  • JRT NEWS NNN
  • 保護猫と気軽に触れ合うことができる開放型のシェルターがプレオープン【徳島】