×

生きた化石も展示 浜辺に打ち付けた漂着物の企画展【徳島】

2024年5月2日 11:45
生きた化石も展示 浜辺に打ち付けた漂着物の企画展【徳島】
海辺に打ち寄せる多種多様な漂着物を展示した企画展が、徳島県立博物館で開かれています。

この企画展は、海辺にどんな漂着物が打ち寄せるかを知ることで、海の環境について考えてもらおうと、県立博物館が開きました。

会場には、博物館が所蔵する漂着物と、漂着物を収集・観察するビーチコーミングサークルが、20年かけて収集した貝殻や動物の骨格、植物などの漂着物、約13000点が展示されています。

この「オウムガイ」は、南西太平洋からインド洋にかけて生息する貝で、海陽町鳴門市に漂着したものです。

太古の形状を色濃く残し、「生きた化石」とも呼ばれます。

また、漂着した貝殻で作られたアート作品などもあり、訪れた人は興味深そうに見入っていました。

この企画展は、6月9日まで開かれています。

ニュース

ニュース

  • JRT NEWS NNN
  • 生きた化石も展示 浜辺に打ち付けた漂着物の企画展【徳島】