×

シートベルトを着用していれば命が助かる可能性も 徳島市の小学校で交通安全教室【徳島】

2024年5月10日 16:30
シートベルトを着用していれば命が助かる可能性も 徳島市の小学校で交通安全教室【徳島】
5月10日、徳島市の渋野小学校で、自転車の交通ルールシートベルトの大切さを学ぶ交通安全教室が開かれました。

交通安全教室は、地元の警察署JAF、それに地域のボランティアなどが開き、教室には1年生から6年生の児童258人が参加しました。

(警察官)
「踏切は降りて、押して渡ります。渡る前に左右を確認してください」

児童らは、信号や標識が設置されたコースを自転車で走り、警察官などから「自転車でも一時停止は止まる」「乗る前は後ろを確認する」など、自転車の交通ルールについて指導を受けました。

また、時速5kmで走行中に衝突事故にあうとどうなるかを体感できるシミュレーターを使って、シートベルトの大切さも学びました。

(体験した児童)
「威力抜群みたいな感じで、時速5kmなのにこんなに衝撃が来るんだと思いました」
「シートベルトしていないと、危ないと思いました」

2023年、徳島県内でシートベルトを着けずに交通事故で亡くなった人は6人おり、このうち4人は着用していれば助かった可能性があるということです。

ニュース

ニュース

  • JRT NEWS NNN
  • シートベルトを着用していれば命が助かる可能性も 徳島市の小学校で交通安全教室【徳島】