×

徳島のニュース

  • JRT NEWS NNN
  • 「薬物はやめられた後も継続的な支援が必要」依存症の経験者や医師らが講演【徳島】

「薬物はやめられた後も継続的な支援が必要」依存症の経験者や医師らが講演【徳島】

2024年2月4日 22:36
「薬物はやめられた後も継続的な支援が必要」依存症の経験者や医師らが講演【徳島】
薬物など依存症患者への支援の在り方を学ぶ勉強会が4日、上板町で開かれました。

薬物など依存症に苦しむ人を支援する徳島DARCが開いた勉強会では、依存症の経験者や医師らが講演を行いました。

井上麻由医師は、薬物はやめられた後も継続的な支援が必要で、通いやすい病院であることの必要性を話しました。

藍里病院 井上麻由 精神科医(医局長)
「ほかの病気のように診察室で薬が投与されて魔法のように治っていくということでは全然なくて、むしろ医者の力なんか細々としている。
毎日大変な中、生活していて時々診察に来てくれる。
この診察室の場というのは雨宿りの場で、雨宿りの診察室でありたい。」

参加した依存症患者の家族らは講演に熱心に耳を傾けていました。
けんみんBOX