×

徳島のニュース

  • JRT NEWS NNN
  • 「お手伝い」+「旅」=「おてつたび」 旅行者に宿泊場所を提供し仕事を手伝ってもらう【徳島】

「お手伝い」+「旅」=「おてつたび」 旅行者に宿泊場所を提供し仕事を手伝ってもらう【徳島】

2024年2月13日 16:18
「お手伝い」+「旅」=「おてつたび」 旅行者に宿泊場所を提供し仕事を手伝ってもらう【徳島】
地域産業の人手不足の解消や地域活性化に繋げようと、行者に宿泊場所を提供しながら仕事を手伝ってもらう取り組みが、2月13日から徳島市の蒲鉾店で行われています。

お手伝い」と「旅」を組み合わせて、「おてつたび」と名付けられたこの取り組みは、徳島商工会議所が東京の企業と連携して企画しました。

この日は、このサービスを利用した徳島市の池添蒲鉾店に東京や広島から3人が訪れました。

こちらでは今、バレンタインデーに向けた商品の販売がピークを迎えていて、3人はさっそくハート型のさつま揚げや、フィッシュカツなどの商品を包装し、店頭に並べる作業を手伝いました。

(広島の大学に通う学生)
「自分の場合は、就活が終わって働く前にもっといろんな経験がしたいなと思って参加させてもらいました。食べることが好きなので、阿波尾鶏を食べてみたいと思います」

(池添蒲鉾店 池添憲作代表取締役)
「徳島の良さを知ってもらいたい。それとやっぱり食ですね。食べ物が美味しい、農水産物の豊富なところを感じてもらったらなと思っています」

期間中、参加者の宿泊費用は池添蒲鉾店が負担するほか、時給1000円の報酬も支払うということです。

3人は13日から17日までの5日間、毎日お店で働きながら、徳島での観光も楽しむ予定です。
けんみんBOX