×

徳島のニュース

  • JRT NEWS NNN
  • 酒気帯び運転で事故を起こした男性教諭と不同意性交等の疑いで逮捕の男性講師を懲戒免職処分【徳島】

酒気帯び運転で事故を起こした男性教諭と不同意性交等の疑いで逮捕の男性講師を懲戒免職処分【徳島】

2024年1月31日 17:58
酒気帯び運転で事故を起こした男性教諭と不同意性交等の疑いで逮捕の男性講師を懲戒免職処分【徳島】
徳島県教育委員会は1月31日、酒気帯び運転の上で事故を起こし警察への報告を怠った男性教諭と、不同意性交等の疑いで逮捕された男性講師懲戒免職処分にしました。

県教育委員会によりますと、三好市の中学校に勤務する30代の男性教諭は2023年9月、愛媛県で運転していた車を中央分離帯に衝突させる事故を起こしたにもかかわらず、警察に報告せずその場を離れました。

その後、警察の飲酒検知で基準値を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転だったことがわかりました。

一方、県内の公立中学校に勤務する20代の講師の男は、1月5日、相手が16歳未満と知りながらみだらな行為をした不同意性交等の疑いで警察に逮捕されました。

県教育委員会は1月31日付で、この二人を懲戒免職処分としました。

県教育委員会は、「教職員の綱紀粛正法令遵守を徹底し、不祥事の根絶に全力で取り組む」と、コメントしています。

相次ぐ不祥事を受け、県教育委員会はこの日、オンラインで市町村教育委員会の教育長を繋ぎ、緊急の会合を開きました。

徳島県教育委員会 榊浩一教育長)
「教職員一人一人が自覚と責任を持ち、確固たる高い倫理観に基づき行動できるよう、校長をはじめ全ての教職員の指導を徹底するようにお願いする」

この会合で県教育委員会は、教師と児童・生徒の間で私的なSNSのやり取りを慎むことや、交通法規を遵守すること、また、体罰は許さないよう改めて指導することなどを通達しました。
けんみんBOX