×

アルミホイル貼りバイク改造 バイパスの交差点内周回など暴走疑いの少年ら8人逮捕

2024年5月16日 19:44
アルミホイル貼りバイク改造 バイパスの交差点内周回など暴走疑いの少年ら8人逮捕

熊本市の通称・東バイパスで、未明にバイクで交差点内を周回するなど危険な迷惑行為をしたとして、計画した少年を含む少年8人が16日までに逮捕されました。

■永島由菜アナウンサー
「暴走行為があったのは、通称・東バイパスの保田窪北交差点です。少年たちは赤信号を無視して交差点に入り、改造したバイクでぐるぐる回っていたということです」

道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは自称、熊本市に住む19歳の土木作業員と上益城郡に住む18歳の会社員、それに14歳の中学生から19歳の少年6人のあわせて8人です。

警察によりますと、19歳の土木作業員が暴走行為を計画し、バイクにアルミホイルを貼ってナンバーや色が分からないように改造。18歳の会社員が友人などに暴走行為の呼びかけ、ほかの6人がそれ応じてバイク3台に2人ずつ乗って去年10月22日の午前1時前、赤信号を無視し、空ぶかしの音を立てながら交差点内で暴走行為をした疑いがもたれています。

警察は今後の捜査に支障が出るとして少年たちの認否を明らかにしていません。少年たちがSNSで告知したことで暴走行為の当時は300人ほどのギャラリーがいたということです。