×

「墜落防止措置」をとっていなかった疑い 死亡作業員雇用の個人事業主男性を書類送検 2023年富山市の事故

2024年6月11日 17:38
「墜落防止措置」をとっていなかった疑い 死亡作業員雇用の個人事業主男性を書類送検 2023年富山市の事故

2023年、富山市の工事現場で作業員が足場から転落して死亡した事故で、富山労働基準監督署は11日、作業員を雇っていた個人事業主の男性を書類送検しました。

この事故は2023年11月、富山市下新西町の工事現場で当時25歳の男性作業員が足場の解体作業中に12メートルの高さから転落し死亡したものです。

富山労働局によりますと、この工事現場では、架設通路に手すりを付けるなどの「墜落防止措置」をとっていなかった疑いがあるということです。

富山労働基準監督署は11日、死亡した作業員を雇っていた30代の個人事業主の男性を、労働安全衛生法違反の容疑で富山地方検察庁に書類送検しました。

    北日本放送|KNB|富山[ テレビ ]1ch/[ ラジオ ]AM738kHz/FM90.2MHz
    • KNB NEWS NNN
    • 「墜落防止措置」をとっていなかった疑い 死亡作業員雇用の個人事業主男性を書類送検 2023年富山市の事故