×

保育士の女(21)が男児(2)切りつけ疑い 鹿児島市がこども園に指導監査 逮捕の保育士 SNSで仕事の悩み発信 

2024年6月11日 18:48
保育士の女(21)が男児(2)切りつけ疑い 鹿児島市がこども園に指導監査 逮捕の保育士 SNSで仕事の悩み発信 

 鹿児島市の認定こども園で保育士の女が男の子(2)の首を切りつけ殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、鹿児島市は10日こども園に対し指導監査を行いました。行政が園から聞き取りを進める中、逮捕された保育士の女が自身のSNSで仕事への悩みを発信していたことがわかりました。

 カメラに向かって笑顔でピースをする女。殺人未遂の疑いで逮捕・送検された南九州市知覧町西元の保育士、笹山なつき容疑者(21)です。

 事件があったのは6月7日午前11時頃。保育士4人と一緒に園の庭で遊ぶ複数の園児を見ていた時に起きました。男の子(2)が教室に戻ろうと玄関近くに来たところ、笹山容疑者は刃物のようなもので男の子の首を切りつけ殺害しようとした疑いが持たれています。

 鹿児島市が認定するこども園で起きた耳を疑うような事件。行政も動き始めました。鹿児島市は10日、法律に基づく指導監査を実施。当時の状況などを園長や職員から聞き取ったということです。さらに、11日市内すべての保育園やこども園などの施設に安全対策や緊急時の対応などを確認するよう文書で通知しました。

 2024年4月から0歳から2歳児までのクラスの担任を任されていた笹山容疑者。園内では真面目だったという評価がある一方で自身のSNSではこんなメッセージを発信していました。

(笹山容疑者のSNS)
「流石に6連勤2連チャンは疲れた」
「今日クラスまわす時になーんか全部うまくいかなくて、向いてないのかなって嫌になった」
 
さらに…

(笹山容疑者のSNS)
「朝4時になったら突然の腹痛がやってくる。なぁぜなぁぜ?」

 仕事に悩んでいたとも受け取れるメッセージですがこども園の代理人弁護士はスタッフの体制について「ひっ迫していたという認識はない」と説明します。一方で、笹山容疑者のクラスでは擦り傷や切り傷といった子供のケガが多かったことがわかっています。

 10日エブリィの取材に応じた笹山容疑者の知人の男性。事件の直後に笹山容疑者の別の知人からこんな知らせがあったと明かしました。

(笹山容疑者の知人男性)
「一生の傷が残るようなケガがあったと聞いたので」
「顔をケガしたみたいです。顔の頬が裂かれたというか。そういうような感じの傷ができてしまった」

 事件の1週間ほど前にもクラスの女の子がケガをして知人に打ち明けていたというのです。こどもを守るはずの保育士が起こした事件。笹山容疑者は切りつけたことは認めていますが「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。警察は動機などを調べています。

    • KYT NEWS NNN
    • 保育士の女(21)が男児(2)切りつけ疑い 鹿児島市がこども園に指導監査 逮捕の保育士 SNSで仕事の悩み発信