×

コンピューターウイルスに感染し顧客4人分の氏名や住所が流出 山陰合同銀行

2024年6月6日 19:17
コンピューターウイルスに感染し顧客4人分の氏名や住所が流出 山陰合同銀行
山陰合同銀行

山陰合同銀行が業務を委託する会社のパソコンがウイルスに感染し、顧客4人分の情報が流出した恐れがあることがわかりました。

山陰合同銀行の委託会社では、5月27日にパソコンがコンピューターウイルス「ランサムウェア」に感染していることが発覚。明細書の作成・郵送の作業が滞ったほか、山陰合同銀行の顧客4人分の氏名や住所が流出した恐れがあるということです。

6月4日の時点で委託先のネットワークの安全性を確認。6月6日よりすべてのサービスが復旧したということです。

山陰合同銀行では4人の該当者に連絡し、対応にあたっているということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • コンピューターウイルスに感染し顧客4人分の氏名や住所が流出 山陰合同銀行