×

酒気帯び運転の疑いで検挙の消防団員 停職1か月の懲戒処分 鳥取県南部町

2024年1月30日 18:44
酒気帯び運転の疑いで検挙の消防団員 停職1か月の懲戒処分 鳥取県南部町

鳥取県南部町は、去年10月に酒気帯び運転で検挙された消防団員を1月29日付で停職1か月の懲戒処分にしたと発表しました。

1月29日付で停職1か月の懲戒処分を受けたのは、鳥取県南部町の40代の男性消防団員です。南部町によりますと、男性団員は去年10月、友人との会食中に飲酒をしているにもかかわらず車両を運転。コンビニエンスストアに買い物に行った際、停車していた車と接触事故を起こしたため酒気帯び運転の疑いで検挙されていました。

男性団員は、町などの調べに対して「猛省している」と述べているということです。

これを受けて南部町の消防団長は「この度は消防団への信頼を裏切ることとなったことに対して町民の皆様には深くお詫び申し上げます。今後このような不祥事を起こさないためにも改めて法令順守を徹底し、町民の皆様の信頼回復に努めていく所存です」とコメントしています。