×

ことし唯一!青森港を出港し青森港に戻るクルーズ船 経済効果は絶大

2024年6月11日 17:47
ことし唯一!青森港を出港し青森港に戻るクルーズ船 経済効果は絶大

青森港に来るクルーズ船は旅の途中に立ち寄る船がほとんどですがきょう青森を発着とする船がやってきました。青森発着だとどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。

★青森放送 本宮修司記者
「クルーズ船のにっぽん丸が青森港に入ってきました でもこの船にはまだお客さんは乗っていません これからお客さんを迎い入れるため青森港に着岸させます」

全長167メートル、乗客定員400人の「にっぽん丸」です。こうしたクルーズ船の青森港への入港はことし34回予定されていて東北では最多です。そのほとんどが旅の途中で立ち寄るスタイルですが今回の「にっぽん丸」は青森港で乗客を乗せ北海道を巡り帰ってくる、ことし唯一の「青森港発着」のクルーズ船です。

★日立埠頭 観光開発室 寺門達也室長
「関東以北で考えるとこんなに便利な港はなかなか無い それで観光地もたくさんある(クルーズは)北海道ですけど北海道以外の青森の観光もプラスにできるということに非常に魅力があります」

青森発着便は船会社による食材や水・備品の地元での購入などが想定され、経済効果が期待されています。

★青森市交流推進課 溝口篤史課長
「前の日に来てもらってホテルなりに宿泊していただいてクルーズに乗ってもらう そしてクルーズが終わってから青森市にまた泊まって帰ってもらうっていう」

「にっぽん丸」のクルーズには330人が参加、そのうち230人ほどが県外客です。青森発着の場合、旅の前後に青森に泊まり、観光を楽しむ人が一定の割合を占めています。今回は青森港に戻ったあとのオプションで十和田市のホテルに宿泊するプランもあるということです。

★星野リゾート奥入瀬渓流ホテル 掛川暢矢総支配人
「前後に到着することによって前泊だったり後泊だったり、滞在の期間というのはすごく長くなりますので、そういった効果によって地域にもたらす波及効果というのはすごく大きいのではないかなと思います」

実際に参加する人は…

★乗船客
「終わったあとも青森に泊まって青森の良さを知りたいなと思ってクルーズだけじゃなくてそういう魅力を感じながら旅ができたらなと思います」
「クルーズで礼文の方まで行きまして最終日は奥入瀬の方をぐるっとまわって新幹線で帰ろうと」

★青森市交流推進課 溝口篤史課長
「青森市としては陸路、空路、海路の交通結節点であるという強みを活かして青森港発着のクルーズ船 この回数を増やしていけるように船会社のほうに働きかけていきたいと思います」

きょう出港し北海道を巡った「にっぽん丸」はあさって再び青森港へ。市は経済効果の大きい青森発着便の増加を目指しています。

    青森放送

    • SNSアカウント
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ
     

    RABニュースレーダー

    テレビ 月~金:夕方6時15分~

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ

    RAB 青森放送

    • 青森放送NEWS NNN
    • ことし唯一!青森港を出港し青森港に戻るクルーズ船 経済効果は絶大