×

2028年度末までの税収見込み2億5,600万円 青森県がむつ中間貯蔵を課税対象へ

2024年6月11日 11:15
2028年度末までの税収見込み2億5,600万円 青森県がむつ中間貯蔵を課税対象へ

県はむつ市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設に核燃料税を課す方針で2028年度末までの税収は2億5,600万円を見込んでいます。

県が県議会の各会派に説明した改正条例案では、ことし7月から9月の事業開始が見込まれるリサイクル燃料貯蔵の中間貯蔵施設に対し、使用済み核燃料1キロあたり年間620円の税を課します。課税期間は事業開始から2028年度末までで、税収は2億5,600万円を見込んでいます。中間貯蔵施設の使用済み核燃料を巡ってはむつ市が独自の課税をすでに決めています。改正条例案はあさって開会する県議会に提出されます。

    青森放送

    • SNSアカウント
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ
     

    RABニュースレーダー

    テレビ 月~金:夕方6時15分~

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ

    RAB 青森放送

    • 青森放送NEWS NNN
    • 2028年度末までの税収見込み2億5,600万円 青森県がむつ中間貯蔵を課税対象へ