×

むつ市に建設中 使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始に必要な安全協定 知事判断は7月以降

2024年5月16日 18:26
むつ市に建設中 使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始に必要な安全協定 知事判断は7月以降

むつ市に建設中の使用済み核燃料の中間貯蔵施設です。事業開始に必要な安全協定の判断について宮下知事は7月以降になるという見方を示しました。

宮下知事はむつ市に建設中の使用済み核燃料の中間貯蔵施設について安全協定の手続きの日程を明らかにしました。むつ中間貯蔵施設は原発で使った核燃料を再処理するまでの間、原発の敷地の外で一時的に保管する国内唯一の施設です。リサイクル燃料貯蔵は中間貯蔵施設の事業開始時期をことし7月から9月と発表しており、それまでに県や立地市町村と安全協定を結ぶ必要があります。安全協定の手続きについては県議会への説明会やすべての市町村と原子力政策懇話会の意見聴取を行ったあと7月上旬にむつ市や青森市など県内6か所で県民説明会を開きます。その上で宮下知事は7月以降に安全協定を締結するか判断します。

★宮下知事
「安全がすべて、安全性がすべてということと課題にどう向き合っていくかということですので丁寧に1つずつの段取りを進めていくと思っていますそれに尽きます」

県は搬入される使用済み核燃料に対し核燃料税を課す方向で検討を始める方針を示しています。

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ
     

    RABニュースレーダー

    テレビ 月~金:夕方6時15分~

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ

    RAB 青森放送

    • 青森放送NEWS NNN
    • むつ市に建設中 使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始に必要な安全協定 知事判断は7月以降