×

「荷物がいっぱい、道路も狭い」医療的ケア児の避難訓練で浮き彫りになった課題は 弘前市

2024年5月16日 18:01
「荷物がいっぱい、道路も狭い」医療的ケア児の避難訓練で浮き彫りになった課題は 弘前市

日常的に人工呼吸器やたんの吸引などが必要な「医療的ケア児」の避難訓練が弘前市で行われ災害時の避難の課題を探りました。

訓練は弘前市と障がい福祉サービス事業所が去年から作成してきた避難計画に基づいて初めて行われました。訓練に参加したのは飯尾さん家族と福祉関係者で、三男の凰平くんは常にたんの吸引器が必要で夜間に人口呼吸器も使用しています。

訓練は震度5強の地震が起きたという想定で始まりました。停電で電源を失ったため日常的に使うたんの吸引器が使えなくなりすぐに避難の準備を始めます。吸引器などの医療機器も持ち出し凰平くんの兄弟とともに避難場所に移動します。訓練では荷物が多く避難が容易でないことがわかり雨や雪などの悪天候の際も課題に挙げられました。

★凰平くんの母親 飯尾寛子さん
「正直すごく大変だったんですけど荷物がいっぱいだったというのと、道路もでこぼこですし狭いですし(兄弟が)途中けんかもしたりだったのでそういう面からも大変だったなというのが率直な感想です」

★ルアナ御幸町 佐藤由子さん
「今回やってみて思ったのは本当に必要な機器の見直しとキャリーカートとかではなくてリュックタイプのものにするとか」

弘前市は訓練を踏まえて医療的ケア児の避難計画の作成を早急に進めます。

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ
     

    RABニュースレーダー

    テレビ 月~金:夕方6時15分~

    青森放送

    • facebook
    • instagram
    • 青森放送アナウンサーズ instagram
    • twitter
    • youtube
    • ニュース
    • テレビ
    • ラジオ
    • イベント・試写会
    • アナウンサー
    • 番組表
    • 動画配信
    • 自治体情報
    • RAB投稿スクープ

    RAB 青森放送

    • 青森放送NEWS NNN
    • 「荷物がいっぱい、道路も狭い」医療的ケア児の避難訓練で浮き彫りになった課題は 弘前市