×

県発注の地質調査業務談合の事業者に総額約6億2千万円の賠償金と違約金を請求【高知】

2024年6月10日 18:45
県発注の地質調査業務談合の事業者に総額約6億2千万円の賠償金と違約金を請求【高知】
高知県発注の地質調査業務で談合を繰り返した県内事業者に対し、県は6月7日付で総額約6億2千万円の賠償金と違約金を請求しました。

この問題は2017年から2020年にかけて、高知県内14事業者が県発注の地質調査業務の9割以上で談合を繰り返したものです。県は今年4月、10事業者に対して営業停止処分を通知し、13事業者に賠償金の事前通知を、12事業者に違約金の事前通知をしていました。

6月、請求額が事前通知通りで確定し、7日付で対象事業者に請求したということです。賠償金と違約金はそれぞれ委託料の10分の1に相当する額で、賠償金の対象は13事業者で総額約3億5400万円。ペナルティとしての違約金の対象は12事業者で総額約2億6600万円、あわせて約6億2000万円となっています。
  • RKC NEWS NNN
  • 県発注の地質調査業務談合の事業者に総額約6億2千万円の賠償金と違約金を請求【高知】