×

絶滅危惧種『ガンゼキラン』の大群落 牧野植物園で期間限定で公開【高知】

2024年5月15日 19:01
絶滅危惧種『ガンゼキラン』の大群落 牧野植物園で期間限定で公開【高知】
絶滅危惧種の珍しいランの大群落が高知市の県立牧野植物園で期間限定で一般公開され、多くの人が訪れています。

淡い黄色の花に朱色のリップがかわいらしいラン。高知市の牧野植物園では今、絶滅危惧種の「ガンゼキラン」が期間限定で公開されています。このガンゼキランは、2012年に四万十町の住民から譲り受けた株を牧野植物園が株分けしながら植栽したもので、現在は5000株以上の大群落となっています。

特徴は地面に近い茎の部分。よく見ると、茎が肥大化し岩石のように見えることから和名の由来になりました。例年より花の数は少ないということですが、今年は4月末から咲き始め、今がちょうど満開。訪れた人々はガンゼキランの可愛らしさに癒されている様子でした。

牧野植物園のガンゼキランは5月17日まで一般公開されます。
  • RKC NEWS NNN
  • 絶滅危惧種『ガンゼキラン』の大群落 牧野植物園で期間限定で公開【高知】