×

四国中央市で住宅が全焼 焼け跡から1人の遺体 住民男性と連絡とれず

2024年5月13日 12:19
四国中央市で住宅が全焼 焼け跡から1人の遺体 住民男性と連絡とれず

きのう午後、四国中央市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

きのう午後3時すぎ、四国中央市寒川町の進藤正視さん(67)が所有する住宅で火事がありました。

消防車8台が出動し火はおよそ2時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての離れが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察によると、進藤さんは母と37歳の長男の3人暮らしで、離れには長男が住んでいたということです。

警察と消防は、出火当時から長男と連絡が取れていないということで、遺体は長男である可能性が高いとみて身元の特定をすすめるとともに火事の原因を調べています。