×

モリアオガエルの産卵 真庭市

2024年6月10日 18:41
モリアオガエルの産卵 真庭市

 木の枝にふわふわの泡のような卵を産みつける「モリアオガエル」の産卵が岡山県真庭市でピークを迎えています。

 暗闇のなか木々の間から見える泡。岡山県の絶滅危惧種に指定されている、モリアオガエルの産卵です。真庭市の津黒いきものふれあいの里では、先月16日、今シーズン最初の卵が確認されました。

 主に雨上がりの夜から明け方にかけて、メスが池にせりだした木の枝や草に、泡の様な卵を産みつけます。この白い泡の中には、300個から800個の卵が入っています。

 産卵は今がピーク、白くふわふわの「ゆりかご」の中で育った卵は、一週間ほどでオタマジャクシになり、木の下の池で育ちます。