×

テーマは「木の葉や種」美術家 太田三郎の世界 奈義町現代美術館

2024年5月14日 18:51
テーマは「木の葉や種」美術家 太田三郎の世界 奈義町現代美術館

 木の葉や種を素材にした津山市在住の美術家の個展が、岡山県奈義町で開かれています。

 直径4.5メートルのサークル状に敷き詰められた、無数の落ち葉。色あせた葉には採取した日付が消印のように記され、長い時間の経過を感じさせます。

 奈義町現代美術館には美術家、太田三郎さんが手がけた、木の葉や種を素材にした作品を展示しています。太田さんは1994年に東京から津山市に移り住み、創作活動に励んでます。今回の作品は、身近な場所で毎日採集し続けた、様々なな植物の種を使ったもの。

(訪れた人は)「聞いたことのある花とか野菜の、色々な種があって興味深かった。」
(太田三郎さん)「人間が知らない間に慎ましく、色々な自然が花開いて種を結んでいく。そういうことに気がついてほしい。」

 開館30周年を迎えた奈義町現代美術館と、太田さんの津山市での活動30年を記念して企画された個展は、6月16日まで開かれています。

    • RNC NEWS NNN
    • テーマは「木の葉や種」美術家 太田三郎の世界 奈義町現代美術館