×

電動キックボードのシェアリングサービス 高松市の中心部でスタート

2024年4月4日 18:42
電動キックボードのシェアリングサービス 高松市の中心部でスタート

 都市部の手軽な移動手段として導入が広がっている電動キックボードのシェアリングサービスが。高松市の中心部で始まりました。

 電動キックボードのシェアリングサービスが始まったのは、JR高松駅前など市中心部の7か所で、合わせて30台が設置されています。実証実験として2か月限定で行われるもので、利用にはアプリの登録の他、利用料金が必要です。

 電動キックボードは16歳以上であれば免許なしで利用出来ることから、都市部を中心にシェアリングサービスが広がっていて、観光などでの活用も期待されています。

 実証実験では希望者を対象に、マイナンバーカードとアプリを活用した観光などの情報配信サービスについても検証が行われるということです。シェアリングサービスは6月4日まで行われます。

    • RNC NEWS NNN
    • 電動キックボードのシェアリングサービス 高松市の中心部でスタート