×

「地元の食材たっぷり」カレー試食会 高校生が開発 企業と連携し商品化めざす

2024年5月30日 18:52
「地元の食材たっぷり」カレー試食会 高校生が開発 企業と連携し商品化めざす

 高校生と企業が連携し、地元に根差したレトルトカレーを売り出そうと、高校生の作ったカレーの試食会が岡山市で行われました。

 カレー作りに挑戦したのは、岡山県立西大寺高校商業科の3年生。カレーのコンセプトは「岡山県に楽しんでもらう」です。生徒達は、この日の試食会のために、牛、豚、鳥の3種類の肉の入ったカレーと、あっさりした和風カレーを用意しました。

 商品化に向け、地元の生活協同組合や製造加工会社の担当者が試食しました。岡山産の肉をはじめ、熟しすぎて出荷出来なくなったトマトなどを、ふんだんに使いました。試食会のアンケート結果をもとに改良を加えたレトルトカレーが、今年9月、おかやまコープ全店で販売される予定です。

    • RNC NEWS NNN
    • 「地元の食材たっぷり」カレー試食会 高校生が開発 企業と連携し商品化めざす