×

「紅麹」健康被害 香川県・岡山県でも自主回収の動き広がる

2024年3月27日 11:40
「紅麹」健康被害 香川県・岡山県でも自主回収の動き広がる

 小林製薬の紅麹原料を含むサプリメントで健康被害が相次いでいる問題で、香川県や岡山県でも自主回収の動きが広がっています。

 小林製薬を巡っては、紅麹原料を含むサプリメントを摂取した人から、腎疾患などの症状が確認されています。

 香川県宇多津町の芳香園製薬では、「ノンコレッセンプレミアム」と「エラスチンプラス&ナットウキナーゼ」の2つの健康食品について、自主回収を進めています。いずれも小林製薬の紅麹が原料で、購入した店舗などでの返品を呼び掛けている他、相談窓口への問い合わせを受け付けています。

 高松市の中屋醸造所では「紅麹みそ」について、店頭やオンラインでの販売を停止。対象の紅麹とは品番が異なるということですが、安全を期して商品回収に応じているということです。

 一方、岡山県内でも3つの会社が県に自主回収の意向を示しているということですが、今のところ香川・岡山両県で健康被害の報告はないということです。

    • RNC NEWS NNN
    • 「紅麹」健康被害 香川県・岡山県でも自主回収の動き広がる