×
  • RNC NEWS NNN
  • 小学生が企画運営 地域の防災イベント 高松市

小学生が企画運営 地域の防災イベント 高松市

2024年1月29日 19:01
小学生が企画運営 地域の防災イベント 高松市

 子ども達が学ぶ「防災」が、地域とのつながりを生みます。児童達が企画・運営する防災イベントが29日、高松市の小学校で行われました。

 高松市の木太南小学校で行われた防災イベント。6年生の児童達が企画し、保護者や地域住民が参加しました。

 イベントで行われたのは、自分が住んでいる地域の危険な場所をまとめた防災マップの展示や、毛布を使った簡易担架の作り方のワークショップなど。児童達はおよそ1年かけて防災について学び、地域の自主防災組織や防災の専門家にも話を聞きながら、イベントの準備を進めてきました。

(参加した人は)「運転していると目に見えていない所も、子ども目線で見ると色々なことが発見出来るんだなと思いました。」「来てみたら色々なことをしていて、本当に頑張っているなと思いました。」

 自らがイベントを運営することで、児童達が防災の当事者意識を持つことが狙いです。

(児童は)「木太町は意外に危険な場所が多いので、災害が起きたときにどう避難すれば良いかなどを考えてほしい。」「(災害は)いつ起きるか分からないので、今の内に地域で準備しておきたいと思いました。」

 木太南小学校では継続的に防災などのイベントを開き、地域とのつながりも強めたいとしています。