×
  • RNC NEWS NNN
  • 「手術なしでの性別変更」 申し立て認める 岡山家庭裁判所津山支部

「手術なしでの性別変更」 申し立て認める 岡山家庭裁判所津山支部

2024年2月7日 18:48
「手術なしでの性別変更」 申し立て認める 岡山家庭裁判所津山支部

 性別適合手術を受けなくても、戸籍上の性別を女性から男性に変更する様、岡山県新庄村の当事者が求めていた審判で、岡山家庭裁判所津山支部は7日、原告の訴えを認めました。

 戸籍上の性別変更を認められたのは、岡山県新庄村の臼井崇来人さんです。臼井さんは性別適合手術を受けずに戸籍上の性別を女性から男性への変更を求めていて、2016年の申し立てでは最高裁が「合憲」と判断し、退けられていました。

 去年10月、別の当事者に対し最高裁が初めて「違憲」と判断したことを受けて、去年12月、2度目の申し立てに踏み切っていました。

 岡山家庭裁判所津山支部は、生殖能力を無くす手術を求めるのは不要とした最高裁判断を支持。その上で、ホルモン療法の効果などから男性としての外観上の特徴を備えているとして、性別変更を認める判断を示しました。

 今後、裁判所から臼井さんの本籍地の役場に戸籍の記載が依頼され、正式に性別が変わるということです。