×

香川県と県内市町 防災・減災対策の推進で共同宣言

2024年5月10日 18:48
香川県と県内市町 防災・減災対策の推進で共同宣言

 池田知事と県内自治体のトップが、行政課題の解決に向けて話し合う会議が高松市内で開かれ、防災・減災対策の推進で共同宣言を採択しました。

 会議には香川県の池田知事をはじめ、県内17全ての市長や町長が集まり、県・市・町が連携して防災・減災対策の充実強化に向け共同宣言を採択しました。

 宣言では、木造住宅の耐震化を進めるため、重点エリアでの全戸訪問や、1人で避難が難しい人への避難計画の策定促進などに、重点的に取り組むとしています。

(池田豊人知事)「市長や町長と一体になって、県民一人一人が意識してもらおう ということが大事。」

 出席した市長や町長からは、元日の能登半島地震や、愛媛や高知で最大震度6弱を観測した先月の地震などを踏まえた声もあがりました。

(片岡英樹琴平町長)「(正月に)参拝客を大勢いる中で地震が起きた場合、小さな町で人口の何倍もの人をどう受け入れていくかという課題が十分ある。」

 県は市や町と連携して対策を着実に進め、被害をゼロに近づける様、目指したいとしています。

    • RNC NEWS NNN
    • 香川県と県内市町 防災・減災対策の推進で共同宣言