×
  • RNC NEWS NNN
  • 香川県 新年度当初予算案を発表 総額4866億700万円 将来を見据えた投資に重点

香川県 新年度当初予算案を発表 総額4866億700万円 将来を見据えた投資に重点

2024年2月9日 18:47
香川県 新年度当初予算案を発表 総額4866億700万円 将来を見据えた投資に重点

 香川県は、一般会計の総額で、およそ4866億円の新年度の当初予算案を発表しました。少子化の局面打開や産業の振興など将来を見据えた投資に重点を置くとしています。

(池田豊人知事)「将来に向けての投資を確実にやっていく。これが一番大事な財 政上の目標、」

 香川県の新年度当初予算案は、一般会計の総額で4866億700万円。今年度の当初予算から0.4パーセント減りましたが、コロナ対策費を除くと3.2パーセント上回り、過去20年では3番目の規模です。

 重点施策のひとつ、少子化対策では、今年度より5億6000万円多い、およそ24億円を計上し、子育て拠点の充実や産後ケア利用料の補助などを新たに盛り込みました。また企業誘致への事業として、合わせて23億円を充て、積極的に取り組みます。

 来年を見据え、県立アリーナの整備や周辺のプロムナード化などに、合わせて141億3100万円。大阪・関西万博関連では2億1500万円を充てます。更に能登半島地震を踏まえて、木造住宅の耐震化を改めて進める他、2026年春ごろの開催を目指すフルマラソン大会の検討の費用なども盛り込んでいます。

 この新年度当初予算案は、今月16日開会の2月定例県議会に提案されます。