×

笠岡市沖で沈没の水産庁取締船 引き揚げ作業9日開始

2024年6月7日 18:47
笠岡市沖で沈没の水産庁取締船 引き揚げ作業9日開始

 岡山県笠岡市沖で沈没した水産庁の取締船の引き揚げ作業は9日に始まる事が明らかになりました。

 この事故は5月21日、笠岡市の梶子島沖で水産庁の漁業取締船が座礁し、その後、沈没したもので、乗員は救助されて無事でしたが、燃料の軽油などが周辺海域に流出しました。

 非公開で行われた2回目の現地説明会には、地元漁業関係者など、およそ30人が参加。この中で、沈没船の引き揚げ計画については、9日午前からサルベージ船2隻で作業を始め、作業中は半径1キロ圏内に他の船舶が立ち入らない様、警戒船で呼びかけるということです。

 また流れ出た軽油については、揮発性である事と、放水で薄めるなどしたため、海域へ大きな影響は今のところ無いとしています。

    • RNC NEWS NNN
    • 笠岡市沖で沈没の水産庁取締船 引き揚げ作業9日開始