×

「紅麹」香川県内初の健康被害を確認 高松市内の男性が体調不良を訴え一時入院

2024年4月1日 11:55
「紅麹」香川県内初の健康被害を確認 高松市内の男性が体調不良を訴え一時入院

 小林製薬の「紅麹原料」を含むサプリメントで健康被害が相次いでいる問題で、香川県内でもサプリメントを摂取した高松市内の男性が、体調不良を訴え一時入院していたことが新たにわかりました。

 高松市保健所によりますと、入院していたのは、小林製薬のサプリメント「紅麹コレステヘルプ」を摂取していた高松市内の50代男性です。今年に入りサプリメントを摂取し始めた男性は、倦怠感などの症状を覚えて病院を受診したところ、腎不全と診断。3週間ほど入院し現在は通院による経過観察を行っているということです。

 この他、高松市保健所では紅麹を含む食品を口にした人からの相談も寄せられているということです。

 小林製薬を巡っては「紅麹コレステヘルプ」のサプリメントを摂取した人から腎疾患などの症状が相次いで確認されていて、香川県内での健康被害が確認されたのは初めてです。

    • RNC NEWS NNN
    • 「紅麹」香川県内初の健康被害を確認 高松市内の男性が体調不良を訴え一時入院