×
  • RNC NEWS NNN
  • 三豊市の養鶏場で発生の鳥インフルエンザ 防疫措置完了

三豊市の養鶏場で発生の鳥インフルエンザ 防疫措置完了

2024年2月9日 18:52
三豊市の養鶏場で発生の鳥インフルエンザ 防疫措置完了

 香川県三豊市の養鶏場で発生した高病原性の鳥インフルエンザについて、県は9日、全ての防疫措置が完了したと発表しました。

 今月6日に鳥インフルエンザが発生した三豊市の養鶏場では、7日までに飼育されていた、およそ10万2700羽のニワトリの殺処分を終えています。その後もニワトリを土の中に埋める埋却作業や養鶏場の消毒などを進め、一連の防疫措置を、当初の予定より1日早い9日午後3時頃に完了しました。

 これまでに、県内の他の養鶏場で、鳥インフルエンザが発生したとの情報は入っていないということです。

 県では発生した養鶏場で消毒を続けると共に、今後新たな発生が無ければ、3週間後の3月2日午前0時に、周辺の農場に出されている全ての制限を解除するとしています。