×

Vリーグ岡山シーガルズ 黒鷲旗全日本選抜大会優勝を岡山県知事に報告

2024年5月9日 16:20
Vリーグ岡山シーガルズ 黒鷲旗全日本選抜大会優勝を岡山県知事に報告

 バレーボールの黒鷲旗全日本選抜大会で初の日本一に輝いた、Vリーグ岡山シーガルズの選手が、岡山県の伊原木知事に優勝を報告しました。

 県庁を訪れたのは、女子バレー岡山シーガルズの河本昭義監督と、川島亜依美選手、宮下遥選手で、伊原木隆太知事に黒鷲旗での優勝を報告しました。

 6日に大阪市で行われた大会で初のタイトルを手にした岡山シーガルズ。キャプテンの川島選手は、チームの気持ちがひとつにまとまった事が勝因と振り返りました。

(川島亜依美選手)「粘り強さだったり結束力っていうのを出しながら戦ってこれたので、そういうところでシーガルズの良さが出せて良かった。」

 中学生の時からシーガルズで過ごした宮下選手。まわりに支えられた14年間だったと、改めて感謝の言葉を述べました。

(宮下遥選手)「色々な人に支えてもらいながら前を向いてここまで頑張ってこれたので(優勝は)ご褒美を頂けたっていう気持ち。たくさんのお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんに育てられて、本当に幸せ者だなと思います。」

 黒鷲旗を最後に引退を表明し、最高の形で花道を飾った両選手。チームには来シーズンから始まるSVリーグでの活躍を期待すると、エールを送りました。

    • RNC NEWS NNN
    • Vリーグ岡山シーガルズ 黒鷲旗全日本選抜大会優勝を岡山県知事に報告