×

【札幌小学生死亡事故】目立ったブレーキ痕なし・運転手、赤信号見落としたか 東月寒通の特徴 

2024年5月16日 16:05
【札幌小学生死亡事故】目立ったブレーキ痕なし・運転手、赤信号見落としたか 東月寒通の特徴 

きょう(2024年5月16日)午前、札幌市豊平区の横断歩道で、小学4年生の男の子がワゴン車にはねられ、死亡する事故がありました。

現場には目立ったブレーキ痕はなく、ワゴン車を運転していた男は「前をよく確認していませんでした」と話していることが新たに分かりました。

(鷲見記者)「男の子がはねられた横断歩道です。現場には車の部品が散乱していて、警察が入念に調べています」

16日午前8時すぎ、札幌市豊平区月寒東4条17丁目の東月寒通で、登校のため信号機のある横断歩道を渡っていた札幌市豊平区の西田倖さん(9)が、右から来たワゴン車にはねられました。

(現場周辺にいた男性)「ガンと音がした。すごいスピードでぶつかったんだと思った。人間がぶつかったような音ではなかった」

西田さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

警察は、過失運転致傷の疑いで札幌市豊平区の会社員・花田光夫容疑者(64)を現行犯逮捕しました。

登校時間帯に起きたいたましい事故は、なぜ起きてしまったのでしょうか?

警察によりますと、花田容疑者が運転していたワゴン車は西田さんをはねたあと、対向車線にいた車に接触したということです。

事故があった東月寒通は、国道36号と南郷通を結んでいて、抜け道として使われることも多いといいます。

(近所の男性)「(車は)時間帯は関係なく飛ばしてくる。この辺はよそ見して歩けない」

通勤通学の時間帯もスピードを出す車が多いという東月寒通。

事故現場の近くには小学校があり、事故当時は多くの児童が歩いていたとみられています。

事故当時、横断歩道の信号は青で、車道の信号は赤だったとみられています。

赤信号で突っ込んだワゴン車は、青信号の横断歩道を歩いていた西田さんをはねました。

そして、現場に目立ったブレーキ痕は見当たっていません。

調べに対して花田容疑者は…

「前をよく確認していませんでした。人をはねたのも間違いありません」

容疑を認めているということです。

警察は、花田容疑者が信号を見落とした可能性があるとみて、容疑を過失運転致死に切り替えて捜査を続けています。

    • STV NEWS NNN
    • 【札幌小学生死亡事故】目立ったブレーキ痕なし・運転手、赤信号見落としたか 東月寒通の特徴