×

「通帳記入をやめて…」不正入手のキャッシュカードで現金50万円をだまし取る 男2人を逮捕

2024年4月2日 20:30
「通帳記入をやめて…」不正入手のキャッシュカードで現金50万円をだまし取る 男2人を逮捕

北海道・江別警察署は2日、特殊詐欺と窃盗の疑いで札幌市中央区に住む無職の渡辺優作容疑者(26)と住所不定・無職の河井保国容疑者(49)を逮捕したと発表しました。

2人は2023年7月6日、氏名不詳の共謀者とともに役場職員になりすまし、鳥取県に住む60代の女性に「医療費の還付金を受け取る手続きができる」とウソの電話をかけて金を振り込ませ、不正に手に入れたキャッシュカードを使って現金約50万円を引き出した疑いが持たれています。

警察によりますと、2人の話を信じた女性は、当日にATMで現金50万円を男らが管理する口座に振り込みました。

渡辺容疑者はその日のうちに大阪府大阪市内の金融機関のATMから不正に入手したキャッシュカードを使い、現金約50万円を引き出したということです。

このキャッシュカードは2人以外の名義でした。

女性は送金後に電話で男らから「通帳には記載しないでほしい」、「明細書を破って捨ててほしい」などの指示を受けたことを不審に思って銀行に相談し、銀行が鳥取県警に通報しました。

2人は3月にも別の特殊詐欺・窃盗事件で逮捕されていて、捜査を進める中で、今回の事件が発覚しました。

警察は共謀者の行方を追うとともに、余罪が複数あるとみて捜査しています。

    • STV NEWS NNN
    • 「通帳記入をやめて…」不正入手のキャッシュカードで現金50万円をだまし取る 男2人を逮捕