×

【衆院選へ】新3区の戦いは 夫婦二人三脚で挑む“信頼回復”と“背水の陣” 《新潟》

2024年6月10日 19:21
【衆院選へ】新3区の戦いは 夫婦二人三脚で挑む“信頼回復”と“背水の陣” 《新潟》

来たる日の解散・総選挙に向け候補予定者は“常在戦場”で準備を進めています。
「政治とカネ」の問題に揺れる自民党。厳しく追及する立憲民主党。新3区の戦いのカギは夫婦二人三脚での“信頼回復”と“背水の陣”です。

6月9日、新潟市秋葉区。立憲民主党の黒岩宇洋さんです。

隣にいるのは妻の美春さん。

夫婦そろって支援者を出迎えます。

この日、党本部から駆け付けたのは岡田克也幹事長。
政治資金収支報告書に記載しない「裏金」が相次いで明らかになった自民党に怒りを込めます。

〈立憲民主党 岡田克也幹事長〉
「岸田政権のこの問題に対する取り組みのいい加減さですよ」

黒岩さんが活動する新たな「新潟3区」は新発田市や村上市、新潟市秋葉区などで作られます。

これまで与野党の激戦が続き、黒岩さんは2勝2敗。前回選挙では落選。比例復活も叶いませんでした。

次の戦いは、背水の陣となります。

〈立憲民主党 岡田克也幹事長〉
「黒岩さんは堂々と選挙区で勝って戻ってもらわなければいけない」

〈立憲民主党 黒岩宇洋 前衆院議員〉
「これからどういう局面になっても勝ち抜く。風が吹こうが吹くまいが勝ち抜くというのが私たちの責務だと思っています」


一方、ライバルとなるのが、自民党の現職・斎藤洋明さん。

こちらも妻の更紗さんと二人三脚で、選挙区内をめぐります。

「(結婚)20年超えたよね」
「超えたね」

〈妻・更紗さん〉
「斎藤は『自民党を変える』といってこれまでずっと活動をしているので、ぶれずに頑張ってほしい」

斎藤さんは自民党の「麻生派」に所属。
政治資金規正法の問題をめぐり、派閥が相次いで解散する中、「麻生派」は存続しました。

「政治とカネ」をめぐる岸田総理の対応に厳しい目を向けます。

〈自民党 斎藤洋明 衆院議員〉
「政治資金の問題は収支報告書の不記載の問題。それを派閥の問題にしたのは私は岸田総理のすり替えだと思っています。2勝2敗ですから次また(選挙が)いつあるかわからない状況ですし、とにかく気を引き締めてやっていくしかない」

来たる日の解散・総選挙に向け“常在戦場”の候補者たち。

新潟3区では日本維新の会から吉村祐一郎さんも立候補を予定しています。