×
  • TeNY NEWS NNN
  • J1アルビ “てっぺん”目指し高知で2次キャンプ 富山との練習試合で新戦力が躍動 《新潟》

J1アルビ “てっぺん”目指し高知で2次キャンプ 富山との練習試合で新戦力が躍動 《新潟》

2024年2月12日 19:35
J1アルビ “てっぺん”目指し高知で2次キャンプ 富山との練習試合で新戦力が躍動 《新潟》

サッカーJ1・アルビレックス新潟は現在、高知での2次キャンプを行っています。2月7日にはJ3富山との練習試合に臨み新戦力が躍動しました。

30分3本で行われたこの試合、1本目のメンバーにはJ2甲府から新加入の長谷川元希が入りました。

本職はトップ下ながらこの日は左サイドハーフとしてプレー。柔らかいボールタッチやドリブルからチャンスを作っていました。

〈長谷川元希選手〉
「新潟のサッカーに合わせるとサイドに開いて起点を作ってということが多くなってくると思うので、このキャンプ通してゲームもそうですけど、そこを試していきたい」

高木のフリーキックを舞行龍が折り返し、最後は鈴木!デザインされたセットプレーで新潟が先制に成功します。

〈鈴木孝司選手〉
「新加入選手だったり選手の特徴でチームの色もどんどん変わってくると思うのでより強いアルビレックスになっていくのでは」

2本目の途中からメンバーを入れ替えて臨むと新加入選手が躍動します。

松田のパスに反応したのはサイドバックの森。クロスに石山がヘディング!

スプリント力が武器の森は早稲田大学から加入。トップスピードから正確なクロスをあげると燕市出身・18歳の石山が高い打点で合わせます。ルーキーもスタメン争いへ猛アピールです。

一方、守備ではJ2いわきから加わったボランチの宮本英治が持ち前の運動量の高さを見せピンチの芽を摘みます。

監督から相手の背後を狙うよう指示があったという宮本。3本目には、裏に抜け出した松田へパス。松田のクロスに合わせたのは谷口!新加入の宮本が息の合った連係をみせました。

〈宮本英治選手〉
「自分たちが一発でひっくり返せるタイミングというのを、ずっと伺っていたので、いいタイミングで自分にボールが入ってきましたし、詠太郎がいいランニングをしてくれたので、そこはいいパスが出せたなと思います」

攻撃の手を緩めない新潟はキャプテン堀米のパスを受けた小見。左足の正確なクロスにまたも谷口。

J3の富山相手に攻撃陣は3得点をあげ、守備陣も無失点で試合を終えました。

〈松橋力蔵監督〉
「僕らがやろうとしている形というのは、ただつないできれいなサッカーをしたいというわけではなく、後方のキーパーを使うことで前方にどう有益なエリアだったりスペースができるか。きょうに関しては非常に素晴らしいクロスだったなと思います」

〈谷口海斗選手〉
「いいボールの動かし方であったり、詠太郎と小見からいいボールがもらえたので触るだけでした。どんなボールでも決めきるというところであったりゴールにつなげるというところが大事だと思うので、決めきってチームの勝利に貢献するところまでやり切れればいいなと思います」

新戦力が融合してきたアルビ。高知での2次キャンプは2月16日まで続きます。

開幕戦は2月24日。アウェーでサガン鳥栖と対戦します。