×

宮崎で働いてほしい 県に約1億円寄付した企業に紺綬褒章

2024年5月14日 19:22

企業が自治体を応援する制度「企業版ふるさと納税」で県に1億円余りを寄付した大阪市のガラスメーカーが紺綬褒章を受章しました。

紺綬褒章を受章したのは、ビー玉やグラスビーズなどを製造する大阪市の松野工業で、門川町にも工場があります。
県庁で行われた伝達式では、河野知事から松野工業の松野龍太郎社長に褒状が手渡されました。

松野工業は、2016年から毎年「企業版ふるさと納税」を通じて県に寄付を行っていて、これまでの寄付額はあわせて1億2225万円。
寄付金は県内企業に就職する若者の奨学金の返還支援として活用されているということです。

(松野工業 松野龍太郎社長)
「できる限り若い人たちが宮崎で働いて定住してもらう」
「少しでも協力できたらと思っている」

企業版ふるさと納税は、自治体が行う地方創生に関する取り組みを企業が応援する制度で、昨年度、県には、31社から合わせて約1億円の寄付が寄せられています。

    テレビ宮崎
    • UMK NEWS NNN
    • 宮崎で働いてほしい 県に約1億円寄付した企業に紺綬褒章