×

マイレール意識持てるか…JR肥薩線吉松~人吉 宮崎県とえびの市の考えは

2024年5月14日 19:19

2020年の熊本豪雨で被災し、現在も一部区間が運休となっているJR肥薩線についてJR九州は4月、運休となっている区間のうち、熊本県八代から人吉までのいわゆる「川線」については、鉄道で復旧することで熊本県と基本合意しました。

一方、人吉からえびの市を経由し鹿児島県吉松までの間、いわゆる「山線」は復旧の方針が決まっていません。

JR九州の古宮洋二社長が「熊本、宮崎、鹿児島の3県と会議を開きたい」と呼びかける中、宮崎県やえびの市の考えは…

(JR九州 古宮洋二社長)
「山線についての方向性を両県(宮崎県と鹿児島県)を交えて、熊本県を含む3県と会議体を開催していくことが、今後の復旧に向けての方法になると思う」
「(川線復旧は)マイレール意識を持って、日常から使いましょうということが出てきたことが判断の材料として大きかった」

肥薩線の人吉・吉松間は被災前の2019年度、1キロ当たりの1日の平均乗客数が100人程度で年間およそ3億円の赤字でした。

(JR九州 古宮洋二社長)
「鉄道としては利用する人が極端に減れば動かす意味がないので、ちゃんとした利用という前提がないと、なかなか鉄道でいくのか(復旧するのか)どうか、大きな判断要素になる」

JR九州の考えを受け、沿線のえびの市は…。

(えびの市 企画課 外赤裕二課長)
「見に来ていただいたり、実際に列車に乗る方がいなくなったわけですので、真幸駅、肥薩線をPRできないといいますか、えびの市としてそういう点ではダメージだと思っています」

肥薩線で唯一えびの市にある真幸駅は、1911年、県内で最初の駅として作られました。その縁起の良い名前や日本三大車窓、ホームの中央に置かれた「幸せの鐘」で知られるえびの市の観光資源です。
復旧に向けてこれまで以上の利用促進、観光客の呼び込みが必要だと話します。

(えびの市 企画課 外赤裕二課長)
「これまでも多くの観光客や乗客においでいただいたことを踏まえると、えびの市の魅力発信の場所として大事にしていかないといけない場所だと思っています」

また、河野知事はきょうの定例記者会見で次のように述べました。

(河野俊嗣知事)
「関係県で一緒になって、議論していくことは大変重要だと考えています」
「今のままでは利用者がどんどん減っていくため、観光面で利活用も含めて、しっかりと知恵を出して、どのように地域交通の足を残していくのかこれからも重要課題とし取り組んでいきたいと考えています」

    テレビ宮崎
    • UMK NEWS NNN
    • マイレール意識持てるか…JR肥薩線吉松~人吉 宮崎県とえびの市の考えは