×

「転んだうっぷん晴らしたい」のれんに火を付けた男に実刑判決 甲府地裁

2024年5月15日 19:12
「転んだうっぷん晴らしたい」のれんに火を付けた男に実刑判決  甲府地裁

 甲府市でゴミ袋や店舗ののれんに火をつけた男の判決公判が甲府地裁で開かれ、懲役2年6カ月の実刑判決が言い渡されました。

 建造物等以外放火などの罪に問われていたのは甲府市の無職、関下重行被告(58)です。

 甲府地裁は「周辺には住宅もあり危険な犯行だった」と指摘。

 「転んだうっぷんを晴らしたい」などという動機は身勝手にすぎると断罪しました。

    山梨放送
    • YBS NEWS NNN
    • 「転んだうっぷん晴らしたい」のれんに火を付けた男に実刑判決 甲府地裁