×

【速報】94歳母親を暴行死 58歳の弁護士の長男逮捕「暴力をふるったのは私以外にいない」と認める 顔面を頭突き・盆で殴打で骨折・多数の打撲痕 大阪府警

2024年6月10日 16:00
【速報】94歳母親を暴行死 58歳の弁護士の長男逮捕「暴力をふるったのは私以外にいない」と認める 顔面を頭突き・盆で殴打で骨折・多数の打撲痕 大阪府警
高田豊暢容疑者(58)

 大阪府東大阪市の住宅で94歳の住人の女性が何者かに暴行を受け死亡した事件で、警察は10日、同居していた58歳の長男が顔面に頭突きをするなどの暴行を加えて死亡させた疑いで逮捕したと発表しました。

 傷害致死の疑いで逮捕されたのは、大阪弁護士会所属の弁護士、高田豊暢容疑者(58)で、5月12~20日ごろまでの間、自宅で母親の高田悦子さん(94)に、顔面を頭突きしたり、プラスチック製の盆で顔面を殴打するなどの暴行を加え、死亡させた疑いがもたれています。

 警察によりますと、東大阪市衣摺の住宅で5月20日、「94歳の女性の脈と呼吸がない」と同居する家族から消防に通報がありました。女性はこの家に住む高田悦子さん(94)で、顔面が腫れ上がった状態で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 この家には悦子さんのほかに、長男の高田容疑者とその妻、そして孫の4人が暮らしていて、悦子さんは要介護2の認定を受けていましたが、自立歩行は可能な状態だったということです。

 司法解剖の結果、悦子さんの死因はくも膜下出血や脳挫傷などの多発外傷だったことがわかりました。脚や腕に骨折があったほか、全身に新しいものと古いものを含めた打撲の痕も多数あり、警察は高田さんが何者かに暴行を受け、死亡したとみて調べていました。

 捜査関係者によりますと、通報時は高田容疑者と悦子さんが2人で会話をしていて、高田容疑者は警察の任意の調べに「2人で話をしていたら意識がなくなった」と話していたということです。

 逮捕後の調べに対し、高田容疑者は、「私の暴力によって起きたものだと思います。私以外の家族や第三者が母に暴力をふるうことはありませんし、暴力をふるったのは私しかおりません」と容疑を認めていて、警察は当時の詳しい状況や動機について調べています。

 高田容疑者の知人などによりますと、高田容疑者は神戸大学法学部卒で1995年に弁護士登録。特技はサッカーで、弁護士らによるサッカーの世界大会に日本代表として出場し、得点もしていたということです。

  • YTV NEWS NNN
  • 【速報】94歳母親を暴行死 58歳の弁護士の長男逮捕「暴力をふるったのは私以外にいない」と認める 顔面を頭突き・盆で殴打で骨折・多数の打撲痕 大阪府警