×

「爆発とともに炎と煙」「雷と思うくらいの音」京都市中心部の建物で火災 男女2人ケガ 消火活動続く

2024年5月16日 12:40
「爆発とともに炎と煙」「雷と思うくらいの音」京都市中心部の建物で火災 男女2人ケガ 消火活動続く

 16日午前10時15分過ぎ、京都市中心部の建物で火事があり、2人がけがをしています。(報告:阿部頼我 記者)

 現場は私の後ろ約100mほど離れた場所にある建物とみられています。先ほどまで充満していた白い煙も、現在はほとんどなくなりだいぶマシにはなってきましたが、焦げ臭いにおいは今でもあたりに充満しています。

 現場は、京都市下京区白楽天町にある複数の飲食店が入る建物で、午前10時15分すぎ、「爆発とともに一階から炎と煙が出ました。負傷者がいる模様です」と通行人から消防に通報がありました。

 消防車25台以上が出動し、現在も消火活動が行われています。この火事で40代の男性と60代の女性がけがをしていますが、いずれも意識はあるということです。

 現場近くにいた人
「雷かなと思うくらいの音だったので、1回ドンッといった。煙が出ていて見てみたら、消防車がいっぱいいた」

 現場は、京都市営地下鉄・四条駅から西におよそ100メートル離れた場所です。

  • YTV NEWS NNN
  • 「爆発とともに炎と煙」「雷と思うくらいの音」京都市中心部の建物で火災 男女2人ケガ 消火活動続く