×

「介護に疲れた」90歳の父親の首をロープで絞め殺害した疑い 同居の息子を送検 大阪市・港区

2024年5月16日 8:18
「介護に疲れた」90歳の父親の首をロープで絞め殺害した疑い 同居の息子を送検 大阪市・港区

 90歳の父親を殺害したとして、 同居する息子が送検されました。息子は「介護に疲れた」と話しているということです。

 殺人の疑いで送検された王森浩嗣容疑者は、14日午前0時ごろ、自身が経営する大阪市港区の理髪店で、父親の一民さんの首をロープで絞めて殺害した疑いがもたれています。

 王森容疑者は自ら119番通報し消防が駆けつけた際、一民さんは椅子に座ったまま、心肺停止の状態だったということです。

 王森容疑者は一民さんと店の近くで2人暮らしをしていて、 警察の調べに対し、「父親の介護に疲れた」と容疑を認めています。

  • YTV NEWS NNN
  • 「介護に疲れた」90歳の父親の首をロープで絞め殺害した疑い 同居の息子を送検 大阪市・港区