×

【間一髪】高齢者用の「電動カート」踏切内で動けなくなった90代女性救出 10秒後に特急列車と衝突 奈良県警が女性に感謝状「命が助かってよかった」

2024年6月10日 13:30
【間一髪】高齢者用の「電動カート」踏切内で動けなくなった90代女性救出 10秒後に特急列車と衝突 奈良県警が女性に感謝状「命が助かってよかった」
事故の瞬間の様子(提供:奈良県警)

 高齢者用の電動カート(シニアカー)が動かなくなり、踏切内でとどまっていた90代の女性を救出したとして、奈良県警は10日、会社員の金城恵さんに感謝状を贈呈しました。

■ドライブレコーダーに事故の瞬間 「電動カートが動かなくなった」

 5月15日午後7時ごろ。日は落ちて、すでに辺りは暗がり始めた奈良県三宅町にある近鉄橿原線・石見駅のそばにある踏切。踏切待ちをしていた車のドライブレコーダーの映像には、特急列車が警笛を響かせた後、電動カートが吹き飛ぶ様子が確認できます。

 警察によりますと、近所に住む90代の女性が電動カートに乗って踏切を渡ろうとしたところ、電動カートが動かなくなり橿原神宮前駅行きの4両編成の特急列車と衝突しました。

 車に乗って踏切で列車の通過を待っていた金城さんは、踏切内にとどまっている女性を発見し、踏切内から女性を抱えて救出しました。特急列車はその10秒後に電動カートに衝突したということです。

 女性は警察の聞き取りに対し、「(電動カートが)動かなくなったので降りて動かそうとしたが、遮断機がおりてきてしまった」と話していたといい、女性は手に軽いけがをしましたが、命に別条はありませんでした。

■救出した女性「無我夢中で抱きかかえて…命が助かってよかった」

 女性を救出した金城さんには、10日午後、奈良県警天理署で感謝状が贈呈されました。

 金城さんは「無我夢中で走って(女性を)抱きかかえて助けました。『助けないと』という気持ちしかなく、引っ張り出すのが精一杯でした」と当時を振り返り、「命が助かって良かったです。困った人がいたらまた助けたい」と笑顔をみせていました。

 ※映像は事故の瞬間の様子(提供:奈良県警)

  • YTV NEWS NNN
  • 【間一髪】高齢者用の「電動カート」踏切内で動けなくなった90代女性救出 10秒後に特急列車と衝突 奈良県警が女性に感謝状「命が助かってよかった」