×

政治資金規正法改正案めぐり自公の溝埋まらず 自民単独で法案提出も

2024年5月15日 19:05
政治資金規正法改正案めぐり自公の溝埋まらず 自民単独で法案提出も

政治資金規正法の改正をめぐり、自民党は15日、パーティー券購入者の公開基準を10万円超に引き下げることなどを盛り込んだ条文案を公明党に示しましたが、両党の溝は埋まりませんでした。

15日、自民党が公明党に示した条文案には、パーティー券購入者の公開基準について現在の20万円超から10万円超に引き下げることが盛り込まれました。

また、政党から議員個人に支出される政策活動費については、支払いを受けた者が項目別の使い道と金額を党に通知するなどとしています。

一方、公明党は、パーティー券購入者の公開基準について5万円超を強く主張したほか、政策活動費についても議員個人が「明細書」を作ることを求めていて、溝は埋まりませんでした。

自民党は引き続き公明党との協議を行うとしていますが、合意が得られなくても、週内にも自民党単独で法案を提出する考えです。

    • 日テレNEWS NNN
    • 政治
    • 政治資金規正法改正案めぐり自公の溝埋まらず 自民単独で法案提出も