×

3:45

【あすの天気】山形や秋田の日本海側、非常に激しい雨の降るところも

25日(木)は、東北の日本海側で記録的な豪雨となりました。既に各地で被害も発生しています。25日午後9時現在の雨の状況です。 山形県の酒田市や遊佐町には再び発達した雨雲がかかってきています。また、秋田県にもライン状の発達した雨雲があります。 この雲の下、25日午後9時50分までの1時間に、上小阿仁村付近で120ミリ以上、五城目町付近で120ミリ以上の雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表になりました。 この後の予想を見ると、26日(金)朝にかけても、山形県や秋田県の日本海側には発達した雨雲がかかり、非常に激しい雨の降るところもあるでしょう。 昼ごろにかけては一旦、雨雲は小康状態になりますが、午後から再び日本海側には雨雲が広がり、太平洋側にもかかりそうです。 夕方から夜には秋田県や青森県、岩手県に雨雲がかかるでしょう。 予想雨量は、26日夜までの多いところで東北で150ミリ、北陸で100ミリとなっています。既に河川の氾濫などが発生しています。この後も引き続き、河川の増水や氾濫には最大級の警戒をしてください。 また、西日本や東日本でも大気の状態が非常に不安的で前日以上に広い範囲でにわか雨や雷雨がありました。 こういう雲は発生しては弱まり、発生しては弱まりを繰り返します。 今夜の雲は一旦弱まっても、26日は再び雨雲が発生するでしょう。 予想雨量は、26日夕方までの多いところで、関東甲信や四国で80ミリとなっています。この80ミリというのはシトシトと降り続く雨ではなく、ざーっと一気に降る雨です。落雷や竜巻など激しい気象現象にもご注意ください。 週間予報です。 秋田や山形は、来週にかけて断続的に雨が降り、さらに総雨量が増える恐れがあります。 関東から西日本は晴れて、猛烈な暑さになる日が多いでしょう。日中の気温は37度から38度まで上がる日もありそうです。 大雨と猛暑に警戒を続けてください。

日テレNEWS NNN

7月25日 22:21