×

0:50

「しつけのため暴行」内縁の夫が母親に説明 愛知7歳女児死亡

愛知県犬山市に住む7歳の女の子が死亡し、母親と内縁の夫が逮捕された事件で、内縁の夫が以前、複数回にわたり、母親に対して「しつけのために暴行した」という趣旨の説明をしていたことがわかりました。 この事件は今年5月、犬山市に住む島崎奈桜ちゃん(7)が暴行され死亡したもので、傷害致死の疑いで内縁の夫の倉田凱容疑者(32)と、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の島崎みなみ容疑者(33)が逮捕されたものです。 捜査関係者によりますと、倉田容疑者が以前、「しつけのために暴行した」という趣旨のLINEを、島崎容疑者に複数回、送っていたことが新たにわかりました。 また、島崎容疑者のスマートフォンには、ケガをした奈桜ちゃんの写真が複数保存されていたということで、警察は、倉田容疑者が日常的に虐待を繰り返し、それを島崎容疑者が認識していたとみて調べています。

日テレNEWS NNN

7月20日 18:50