×

1:21

トランプ氏、銃撃事件後初の選挙集会で演説 「バイデン降ろし」を批判

アメリカ大統領選挙で返り咲きを目指すトランプ前大統領は20日、激戦州のひとつであるミシガン州で、暗殺未遂事件後、初めてとなる選挙集会で演説しました。中継です。 事件後初の集会は厳重な警備、そして大勢の支持者が詰めかけたことで会場に入るまで4時間待ちという長い列ができました。そしてトランプ氏は右耳のガーゼをはずして演説に臨みました。 トランプ前大統領 「まさにこの瞬間、民主党のボスたちは自分たちの党の予備選の結果を覆して、ペテン師ジョー・バイデンを投票用紙から外そうと必死になっている」 トランプ氏は演説でバイデン降ろしを画策する民主党内の動きについて「民主党は民主的ではない。民主主義の敵だ」などと揶揄しました。 18日までの共和党大会では、控えめな印象もあったトランプ氏ですが、20日の集会では相手を攻撃するスタイルを解禁し支持者らを沸かせました。 前日から並んだトランプ支持者 「1週間前のこと(銃撃事件)があったから今日はとても感動的だった。彼の集会は多くの人が集まるが先週の暗殺未遂を踏まえ、人々は彼を見たいという情熱に駆られたのだと思う」 またバンス副大統領候補もバイデン大統領に「出馬できないならすぐ大統領を辞任すべき」と求めるなど、民主党内のドタバタを好機とみて攻勢を強めています。

日テレNEWS NNN

12:13