日テレNEWS
スポーツ
2016年1月24日 20:19

琴奨菊「言葉に表せないくらいうれしい」

 大相撲初場所の千秋楽を迎えた24日、大関・琴奨菊(31)が日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした。

 勝てば初優勝となる大関・琴奨菊は、大関・豪栄道を突き落としで下し、2002年に初土俵を踏んで以来、悲願の初優勝を手にした。日本出身力士としては10年ぶりの快挙となった。

 琴奨菊「言葉に表せないくらい本当にうれしいのと、なかなか成績が残せなかった時も、たくさんの方々に応援いただいて、今の自分がこうして立っていることがすごくうれしいです」